カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
Cinnamomum camphora / 宮崎  クスノキの精油は、「カンファーオイル」「樟脳油」などいろいろな呼び方をされています。精油として出回っているのは防虫剤としても使われる樟脳を分離した後の液体部分。 昔はヨーロッパで気付け薬としても使われた香りは、すっきりシャープで仕事がはかどります。
くすのき精油5ml他
110円(税10円) 〜 1,760円(税160円)
10 ポイント還元
各オプションの詳細情報
容量 3ml
容量 3ml
1,320円(税120円)
容量 5ml
容量 5ml
1,760円(税160円)
容量 成分分析表
容量 成分分析表
110円(税10円)
くすのき精油5ml他
110円(税10円) 〜 1,760円(税160円)
10 ポイント還元
クスノキの精油は、「カンファーオイル」「樟脳油」などいろいろな呼び方をされています。

学名はCinnamomum camphoraですが、世界のアロマセラピーの本を見ると、いろいろな誤解をされている植物のよう。

アジア圏に生えるラベンサラも同じ学名。芳樟も同じ学名。
欧米には生えていない樹種で、情報が少ないためケモタイプと紹介されることもあるようですが、3つとも別の植物です。

クスノキは、防虫材として知られる樟脳(セルロイドや燃料の原料としても使用)が抽出されるため、日本や台湾で重宝されてきました。

精油として出回っているのはこの樟脳を分離した後の液体部分。
昔はヨーロッパで気付け薬としても使われた香りは、すっきりシャープで仕事がはかどります。 

※サフロールについて
IFRA:サフロール皮膚制限0.05%→くすのき精油濃度0.5%までを推奨
Tisserand&Ypung:サフロール皮膚制限0.25%→くすのき精油濃度2.5%までを推奨


ーーー

「成分分析表」は、販売中のロットのクロマトグラムと検出成分一覧のセットです。
「成分分析表」の内容を、事前の許諾なく、複製, 転載,改変することはご遠慮下さい。
講座等への使用を希望する場合は、事前にご連絡をお願い致します。
この商品を購入する